スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  難病(特定疾患)など


最終更新日:2019年2月08日(金)


難病(特定疾患)など


難病(特定疾患など) 

 

◎特定疾患治療研究事業など

 原因が不明で治療方法が確立していない、いわゆる難病のうち特定の疾患について医療費の助成(治療研究)を行い、治療方法の確立、普及を図るとともに、患者の医療費の負担を軽減します。

   特定疾患治療研究事業対象疾患名一覧(北海道保健福祉部健康安全局)
  ※平成21年10月から新たに11疾患が追加されました。

 

医療費公費負担制度のご案内】


 

◎在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成事業

  在宅酸素療法及び人工呼吸療法を必要とする呼吸器疾患の方に電気料金の一部を助成する制度です。
  
助成開始は申請した月の翌月からとなります。

 【助成額】 
  一日当たりの酸素濃縮器等の使用時間が
   ・
12時間未満の方・・・一月当たり1,000円 
   ・12時間以上の方・・・一月当たり2,000円

 【新規申請に必要な書類】 
   ・在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成認定申請書
   ・患者さん本人の住民票

  ※ 助成金の請求は翌年(1月~2月)に1年分をまとめて請求し、併せて継続申請を行います。

     助成金請求書兼継続申請書

 

  ◆ 在宅酸素療養時は、たばこなどの火気取扱いに十分ご注意ください。
        
注意喚起パンフレット1(厚生労働省)
     注意喚起パンフレット2(医薬品医療機器総合機構)

 


 関連リンク


<問い合わせ先>
後志総合振興局保健環境部保健行政室(倶知安保健所)
   健康推進課 保健係
   〒044-0001 虻田郡倶知安町北1条東2丁目 後志合同庁舎内
          TEL 0136-23-1951(直通)

 ◎小児慢性特定疾病の医療費助成制度

 小児慢性特定疾病にかかっている児童等について、健全育成の観点から、患者家族の医療費の負担軽減を図るため、その医療費の自己負担分の一部が助成されます。

 新たな小児慢性特定疾病の医療費助成制度について(北海道保健福祉部健康安全局)

 小児慢性特定疾病制度 自己負担上限額の軽減措置期間終了の周知について(H28.11.24追加)


<問い合わせ先>

後志総合振興局保健環境部保健行政室(倶知安保健所)
   健康推進課 保健係
   〒044-0001 虻田郡倶知安町北1条東2丁目 後志合同庁舎内
          TEL 0136-23-1951