スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  シックハウス症候群・化学物質過敏症 空気中化学物質測定のご案内


最終更新日:2019年6月25日(火)


シックハウス症候群・化学物質過敏症 空気中化学物質測定のご案内


北海道後志総合振興局保健環境部保健福祉室(北海道倶知安保健所)

シックハウス症候群・化学物質過敏症 > おもな症状 > 原因 > 対策 > 測定

情報掲載日 2001年7月16日
2008年4月1日更新

シックハウス症候群などを予防するための室内空気中化学物質測定について

 保健所では建材等から発生する化学物質による健康被害を予防するため、室内空気中化学物質測定を行っています。

1 測定項目
 厚生労働省が示した「室内空気中化学物質の室内濃度指針値」の13物質のうち8物質について測定していますが、建物等の状況により検査項目は異なります。
揮発性有機化合物 室内濃度指針値(25℃換算)
(1)ホルムアルデヒド 1立方メートル当たり、100μg (0.08ppm)
(2)アセトアルデヒド※ 1立方メートル当たり、48μg (0.03ppm)
(3)トルエン 1立方メートル当たり、260μg (0.07ppm)
(4)キシレン 1立方メートル当たり、870μg (0.20ppm)
(5)パラジクロロベンゼン 1立方メートル当たり、240μg (0.04ppm)
(6)エチルベンゼン 1立方メートル当たり、3800μg (0.88ppm)
(7)スチレン 1立方メートル当たり、220μg (0.05ppm)
(8)テトラデカン 1立方メートル当たり、330μg (0.04ppm)
※ホルムアルデヒドと併せて測定します。

2 検査方法
  1. 測定する場所(部屋)を決めていただきます。(居住時間の長い居間や寝室などの部屋について検査することをお勧めします)
  2. 建物等の室内空気の採取は保健所の職員が行い、採取した室内空気中の化学物質測定は北海道立衛生研究所で行っています。
  3. 室内空気の採取日の留意事項は次のとおりです。
    • 検査依頼時に「室内空気測定調査書」をお渡ししますので、必要事項を記入して検査当日にお伺いする担当者に提出してください。
    • 室内空気の採取を行う部屋は、あらかじめ30分換気後(室内の窓の開放等)5時間以上密閉した状態にしておいてください。
    • 室内空気の採取は、室内空気を採取する装置(吸引ポンプ)を用いて30分間採取しますが、準備時間を含めると約1時間程度必要です。

3 検査手数料
 検査の依頼は「室内空気質試験検査依頼書」に必要事項を記入し、北海道保健所手数料条例で定めた検査料金を収入証紙で納入します。依頼書は保健所試験検査課に提出してください。

検査手数料(北海道保健所手数料条例施行規則)平成20年4月1日改正
 ・ホルムアルデヒド定量試験・・・・18,400円(1地点につき)
  1地点加算ごとに4,550円
 ・揮発性有機化合物定量試験・・・・33,000円(1地点3項目まで)
  1地点加算ごとに6,450円
  3項目を超え1項目加算ごとに4,460円


4 検査結果の通知
 検査結果が出るまでには、空気採取後10日程度必要としますので、検査が終了しましたら保健所より通知いたします。
 検査について不明なことや質問等がありましたら倶知安保健所試験検査課理化学検査係(TEL 0136-23-1967)までご連絡ください。
 また、室内環境については生活衛生課環境衛生係、シックハウスの健康被害等のご相談は、保健福祉企画課保健推進係(TEL 0136-23-1915)までご連絡ください。
  
<ご相談・お問い合わせ先>
北海道後志総合振興局保健環境部保健福祉室(北海道倶知安保健所)
〒044-0001 虻田郡倶知安町北1条東2丁目 後志合同庁舎内
・検査申し込み相談は
試験検査課理化学検査係 TEL 0136-23-1967(直通)
・室内環境の相談は
生活衛生課環境衛生係  TEL 0136-23-1962(直通)
・シックハウスの健康被害等の相談は
保健福祉企画課企画係 TEL 0136-23-1915(直通)

ページの先頭へ