スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  食中毒予防:セレウス菌


最終更新日:2019年2月18日(月)


食中毒予防:セレウス菌


 

 予防の知識 > セレウス菌

情報掲載日 2001年5月10日
2006年4月19日更新
セレウス菌 
 
<菌の特徴>
 セレウスは、土壌、水中、ほこりなど自然界のいたるところに存在し、農作物を始め、多くの食品原材料を汚染しています。
 原因となりやすい食品は、米や小麦を原料とするものです。
  ご飯を大量に炊いたり、パスタを大量にゆでおきしたりすると、室温で冷まして保管しているあいだにこの菌が増えて、いくつかの種類の異なる毒素を作ります。
 作られた毒素は熱に強いものもあるので、再び加熱しても食中毒を防ぐことはできません。
 「前日調理した食品でも、翌日再び加熱すれば大丈夫」というのは間違いです。

<予防方法>
  1. ご飯やパスタ、めん類はできるだけ必要な分だけを調理するようにしましょう!
  2. 穀類などを原料とした食品は、調理後、小分けするなどして速やかに低温(10℃以下)に保存しましょう。 

原因となりやすい食品:チャーハン、ピラフ、スパゲティ
<問い合わせ先>
北海道倶知安保健所
   生活衛生課食品保健係
   〒044-0001 虻田郡倶知安町北1条東2丁目 後志合同庁舎内
          TEL 0136-23-1961(直通)

ページの先頭へ