スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  感染症発生動向


最終更新日:2019年2月14日(木)


感染症発生動向


平成31年2月14更新

感染症発生動向調査(週報) 


調査期間
  第4~6週 平成31年1月21日(月)~平成31年2月10日(日)

発生状況     倶知安保健所管内

   

  インフルエンザ予防対策  「咳エチケット」の励行を!!

  【警  報】・大きな流行が発生、または、継続しつつあると疑われることを指します。
        ・一週間の定点医療機関あたりの報告数が、警報レベル開始基準値以上で開始し、終息基準値未満で
         終息
  【注意報】・流行の発生前であれば、今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性が高く、
流行の発生後であれ
         ば、流行が継続していると疑われることを指します。
        ・一週間の定点医療機関あたりの報告数が、注意報レベル基準値以上で開始

倶知安保健所管内における定点医療機関あたりの患者数(人)    =速報値

 疾      患     名

 症状など

 ●をクリック

 第4週

  第5週

第6週

警報 レベル  注意報レベル

開始 

終息 

 開  始

 RSウイルス感染症

 

3.00

1.00

0.50

 

- 

 -

 咽頭結膜熱(プール熱)

 

   0.50

0.50

 1

 -

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

 

7.00

5.00

2.50

 8 

 4 

 -

 感染性胃腸炎

 

2.00

0.50

2.50

 20 

 12 

 -

 水痘(みずぼうそう)

 

0.50

   -

 2

 1 

 1 

 手足口病

 

    -

 5 

 2 

 -

 伝染性紅斑(リンゴ病)

 

 2 

 1 

 -

 突発性発疹

 

 - 

 - 

 -

 ヘルパンギーナ

 

    -

 6 

 2 

 -

 流行性耳下腺炎(おたふく風邪)

 

    -     -

 6 

 2 

 3 

 インフルエンザ

 

 35.00

 31.00

 36.50

 30 

 10 

 10 

  ※【定点医療機関】 感染症発生動向調査の観測用として定めた医療機関
      倶知安保健所管内の定点医療機関数・・・小児科定点(2ヶ所)、インフルエンザ定点(4ヶ所)
  ※【定点医療機関あたりの患者数】 定点医療機関における一週間の受診患者数を定点数で除した数(
平均受診患者数)
  ※警報レベル及び注意報レベルの「-」は、基準値が特に定められていないことを示します。

   北海道の感染症発生動向調査の詳細は、
     『
北海道感染症情報センター』ホームページをご覧ください。

 【マイコプラズマ肺炎について】
   
平成23年の夏頃から全国的に患者数の増加が報告されています。
     『マイコプラズマ肺炎に関するQ&A  (厚生労働省健康局結核感染症課) 

 

  後志総合振興局保健環境部保健行政室(倶知安保健所)
    健康推進課保健係 電話0136-23-1951(直通)
    〒044-0001 虻田郡倶知安町北1条東2丁目 後志合同庁舎1階