スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設管理部 > 小樽建設管理部 >  セミナー:見学会「地域材の住宅への活用」

後志の分類: 産業・経済 > 森林・林業

最終更新日:2017年2月28日(火)


セミナー・見学会「地域材の住宅への活用」


建築と木材産業に関わる方のためのセミナー・見学会を開催します

 

道内では戦後に植林されたカラマツやトドマツの人工林資源が本格的な利用期を迎えており、後志地域においては、ようてい森林組合が新たに製材工場を建設し、建築材料としての利用が期待される「ようていカラマツ」などの地域材製品の供給体制が整いつつあります。

「しりべし・くつろ木の会」は、建築分野での地域材の利用拡大を目的に、管内の建設会社、設計事務所、林業会社、森林組合、林産協同組合、自治体などの皆様で情報共有するネットワークですが、このたび、しりべし・くつろ木の会・京極町・後志総合振興局は、地域材活用によるまちづくりに取組む道内先進地に学び、「ようていカラマツ」を活用し森と街が循環するまちづくりについて考えるセミナーを、新製材工場の見学会と併せて開催することとなりました。

建築や木材産業に関わる方々を始め、森林循環による地域づくりに興味をお持ちの多くの方々のご参加をお待ち申し上げております。

 

       

建築と木材産業に関わる方のためのセミナー・見学会 地域材の住宅への活用

  

 日 時  平成29年3月23日(木) 13:30~16:30

 場 所  京極町公民館(セミナー会場)・ようてい森林組合(工場見学会)

 内 容  ・当麻町における地域材活用によるまちづくりの取組み

       当麻町建設水道課 菅野敏夫氏

     ・建築材としての「ようていカラマツ」

       ようてい森林組合代表理事組合長 船場 實氏

     ・ようてい森林組合新製材工場 見学会

 

〈チラシ・申込書 ダウンロードはこちら〉

 

お問い合わせ先:北海道後志総合振興局建設指導課 Tel 0136-23-1373(担当:本荘・只野)

主催 しりべし・くつろ木の会・京極町・北海道後志総合振興局 

後援 ようてい森林組合、一般社団法人北海道建築士会、一般社団法人北海道建築士事務所協会後志支部