スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 後志農業改良普及センター >  170607 醸造用ぶどうゼミナール


最終更新日:2017年6月21日(水)


170607新規就農者基礎講座(醸造用ぶどうコース)


新規就農者基礎講座(醸造用ぶどうコース)を開催しました

  6月7日、仁木町の園地で醸造用ぶどう新規就農者を対象に栽培の基礎について講座を開催しました。今回は芽かき(※)を中心として、栽培管理の注意点などについて講習しました。
 普及センターから芽かきや栽培管理のポイントを説明した後、ベテラン栽培者が講師となり、芽かきの実際の方法を見せてもらい、参加者がひとり1樹づつ芽かきに挑戦しました。受講生は迷いながらも積極的に質問し、講師からアドバイスを受けて講習のゼミナールを終えました。
 今年度はあと2回を予定しており、みんなで管理した樹は継続して観察します。次回は8月18日の開催を予定しております。

  ※芽かきとは、発芽したぶどうの芽を高品質果の安定生産に向け、適正な間隔にするため間引く作業です。

 



普及センターからの説明

講師から芽かきのレクチャー!

 
話題提供:地域係