スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2017年7月31日(月)


       カラーピーマン・パプリカ合同現地研修会開催

~重点地区現地研修会(赤井川村)~

 普及センターの重点活動として、カラーピーマン・パプリカの安定生産に向け、現地研修会を開催しました。
  普及センターから、今年のテーマである「ハウスの温度管理」について、各自で記録したデータをもとに、適正な温度管理や改善すべき点などについて説明しました。「ちょっと暑すぎるかな?」と参加者は、データを見ながら、自分の温度管理が適切かどうか確認していました。
    その後、二川指導農業士からは、着果負担がかかる前から整枝や追肥などの管理をしっかり行っておくなどのアドバイスを受け、参加者からは、整枝方法など熱心に質問が出ていました。
  今後も引き続き、ハウスの適正な温度管理と整枝・摘果等の栽培管理の徹底によって収量・品質の向上を目指しましょう。

 

  「32℃を超えない温度管理が大事」
   「着果負担を考慮した草勢管理を」

「32℃を超えない温度管理が大事」

「着果負担を考慮した草勢管理を」