スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 後志農業改良普及センター >  171117 ジュース用りんごを収穫


最終更新日:2017年11月20日(月)


ジュース用省力栽培りんご「ハックナイン」の収穫調査!!



 普及センターでは、ジュース用りんごとして「ハックナイン」の省力栽培の試験(本年は薬剤散布による摘花・摘果の効果を検証)を実施しており、10/31に収穫調査しました。
 「ハックナイン」は1986年に種苗登録された「道産子りんご品種の第一号」です。かつては、「ふじ」に替わる品種として普及しましたが、現在は栽培面積が減少しました。 
 そんな中、甘さに加え酸味があり、すっきりした食味と、搾汁率の高さから、ジュース用品種として復活し、増産に取り組んでおります。
 地域からは、高齢化や雇用の確保が困難となる中、省力的な栽培技術の確立が期待されています。

 

 
 

注目を浴びる「ハックナイン」 

ジュース用りんごの収量を調査

 
話題提供:小島