スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 後志農業改良普及センター >  181212赤井川村の今後の水稲経営を考える


最終更新日:2018年12月13日(木)

赤井川村の今後の水稲経営を考える

平成30年度赤井川村水稲部会視察報告会並びに試食会開催

 12月12日(水)に赤井川村水稲部会視察報告会並びに試食会が開催され、村内の水稲農家、関係機関を合わせて18名が出席しました。
 最初に今年の水稲の作柄および品質、8月に視察を行った協業法人についての報告、普及センターから赤井川村の水稲経営に関する現状と課題についての話題提起が行われました。その後の検討会では、地域の担い手が減少する中で赤井川村の水稲経営はどのように生き残りを図るか意見が交わされました。
 合間には町内で生産された各品種の試食が行われ、その後昼食として特製カレーがふるまわれました。
 この行事を通じて、今後の赤井川の水稲振興に向けた協業化、作業委託などの議論が加速することが期待されます。

会議の様子

赤井川村の水稲のこれからを考えます

発言する参加者

「地域の水稲経営のこれからをみんなで考えましょう」

試食の様子

今年の赤井川産米の出来はどうかな?

カレーを賞味

地元の米で食べるカレーライスは格別です。

このページに関するお問い合わせ
〒046-0015 余市郡余市町朝日町11番地1
電話番号:0135-22-5135
FAX番号:0135-22-5987
メールアドレス:shiribeshi-nokai.kita1@pref.hokkaido.lg.jp
(迷惑メール対策のため、「@」を全角にしています。メールを送る際は、半角に置き換えてください)