「麦チェンサポーター店」認定事業概要


「麦チェンサポーター店」認定事業概要


「麦チェンサポーター店」認定事業の概要

1 事業の目的
   道では、輸入小麦から道産小麦への利用転換をめざす「道産小麦転換推進事業」いわゆる 「麦チェン事業」を関係者
  
と一体となって実施しています。
       麦チェン事業では、需要の高い春まき小麦等の生産量を増やすとともに、地産地消の観点に立った新商品開発・販路
   拡大に取り組むモデルの育成、麦チェンのPR活動などを推進しています。

     この麦チェン運動を道民の皆様にさらに身近なものとしていただくため、
道産小麦を使用した商品を直接消費者に販
   売・提供する店舗の中で、特に積極的な店舗を「麦チェンサポーター店」として認定
する事業を実施しています。
 
      「麦チェンサポーター店」の皆様の活動を通じ、道産小麦のすばらしさを消費者の皆さんに伝えていただくことにより、
    道産小麦の一層の利用を促進していきたいと考えています。

    つきましては、道産小麦を愛し、PRしていただける店舗の申込みをお待ちしています。
   
    
なお、この制度は道産小麦を使用した商品を積極的に提供している店舗を一定の要件のもとに認定し、消費者の皆
  さんにお知らせするものであり、商品すべてに道産小麦を使用していることなどを保証するものではありませんのでご
  留意ください。

2 事業主体
      
北海道(農政部食の安全推進局食品政策課食品企画グループ)

3 認定対象店
    道内で営業し、消費者に直接小麦製品やメニューを提供する外食店、製造・販売店等(以下、「店舗」)
        (例:外食店(ラーメン、うどん、イタリアン等)、製造・販売店(パン、お菓子等)等)

4 認定要件
  次に掲げる要件をすべて満たすものとします。
  ・  原則として、申請月日以前1年間で店舗総体の道産小麦使用率が30%以上(道産小麦の不作等により道産小
       麦の確保が困難になり、やむを得ず要件を欠く場合には、それ以前の直近の平常的な期間とすることも可能と
       する。)、又は、申請月日現在、道産小麦100%商品を1アイテム以上提供していること。
  ・ かつ、将来的に(申請のおおむね3年後を目標)店舗総体でおおむね道産小麦使用率をおおむね50%以上とする
        ことを宣言すること。
  ・ なお、認定後、要件を欠いた場合には、認定の取消手続を実施することとします。

5 認定等
  (1)   応募のあった店舗をサポーター店として認定した場合には、「麦チェンサポーター認定証」1枚、「麦チェンサポータ
      ー木製プレート」1個及び「麦チェンパンフレット」1部を交付します。
  (2)   認定後、認定要件を欠いたり、サポーター店としてふさわしくないと認められるときは、認定を取り消します。
      なお、サポーター店は、認定要件を満たさなくなったり、営業の廃止・休止、認定店の名称・住所等に変更を生じた
  場合は、その旨を書面により速やかに届け出なければなりません。

6 サポーターの役割
  (1)   認定証や木版等を利用者の見やすい場所に掲示し、道産小麦の一層の利用促進に努めてください。
  (2)   道産小麦を使用した製品やメニューの積極的な提供に努めてください。
  (3)   道産小麦100%使用商品など、道産小麦を使用している商品については、その旨積極的に表示し、当該商品の一
  層のPRに努めてください。
  (4)   道産小麦に関する情報を同業者や利用者に広めてください。      
  (5)   道産小麦の使用状況や意見・要望に関する調査に協力してください。 

7 サポーターの特典
  (1)   道や事業協力団体等から、麦チェンに関する各種情報や資料を提供します。
  (2)   道のホームページや関係機関・団体などを通じ、サポーター店を広くPRします。
  (3)   店頭表示やPR用チラシなどに、「麦チェンサポーター店」の表示が可能です。

8 募集期間  
   随時

9 申込手続
  認定を希望する経営者の方は、「麦チェンサポーター店認定申込書」(第1号様式)に必要事項を記載するとともに、
 会社概要(施設・店を含む)を記載したパンフレットや参考となる資料を一組として、二組提出してください。
    (申込書及び申込先は下段参照。)

麦チェンサポーター店木製プレート
(縦15cm×横12cm)
mugi2.jpg

「麦チェンサポーター店」申込書(第1号様式)→

 P D F 版

Word 版
「麦チェンサポーター店」申込書記載要領   →  P D F 版 Word 版
「麦チェンサポーター店」申込書記載例     →  P D F 版 Word 版


申込先(問い合わせ)
  〒044-8588 虻田郡倶知安町北1条東2丁目後志合同庁舎
  北海道後志総合振興局産業振興部農務課主査(食品)
  TEL: 0136-23-1402
  FAX: 0136-23-0230
      E-mail:
shiribeshi.nomu1@pref.hokkaido.lg.jp

カテゴリー

農務課のカテゴリ

page top