おすすめ加工品


おすすめ加工品


 農務課食のページ

おすすめ加工品(「道産食品登録制度」・「道産食品独自認証制度」)


 農務課トップページ
 食のページ
 愛食レストラン
 麦チェン
 食育ファーム
 食育活動
 食づくり名人
 

  北海道では、消費者の商品に対する信頼確保と道産ブランドの向上を図るため、北海道の豊かな自然環境の下で生産された原材料を使用して、道内で製造・加工された道産加工食品を登録する「道産食品登録制度」を設けています。

 さらに、北海道産原料へのこだわりはもちろん、生産履歴や衛生管理、優れた個性、食味検査といった高い基準をクリアした道産加工食品については、「道産食品独自認証制度」により認証を行っています。安全・安心・こだわりの証「きらりっぷ」マークの認証商品は、安心して購入できる北海道の食のトップブランドです。

  北海道が誇る食のブランドとして「道産食品登録制度」と「きらりっぷ」マークのついた商品をぜひご愛用ください。



道産食品登録制度

 次のすべての要件に該当する加工食品を対象とします。

(1)製造加工地
   北海道内で製造・加工したものであること
(2)原材料
  ■  道産の農産物、畜産物、水産物、林産物及びこれらを原材料として加工したものを使用していること
  ■  ミネラルウォータ類(容器入り飲料水)については、道産の水を使用していること
  ■  糖類を主な原材料とする食品に(糖類の重量が上位3位以内で、かつ原材料に占める重量割合が5%
   以上のもの)については、糖類が道産であること
  ■  食塩、調味料、添加物などの原材料については道産に限定しない
(3)表示
       道産原材料については、北海道産(記載可能なものは市町村名やその他一般に知られた地名)と表示する
     こと
(4)商品形態
   最終の出荷形態と消費者の入手形態が同一のものであること

後志管内の登録食品はこちら(平成23年5月現在 8社16品)

touroku.gif

道内の登録食品や制度の仕組み、手続などの詳細はこちら



道産食品独自認証制度

 認証基準の概要

(1)原材料に関する基準
  ■ 主たる原材料に北海道産品を使用していること
  ■ 北海道内に製造・加工施設を有すること
  ■ 北海道産の生鮮食品
(2)生産情報の提供基準
  ■ 原材料の産地が明らかであること
  ■ 製造方法が明示されていること
(3)安心に関する基準
  ■ HACCPの概念に基づいた高度な衛生管理が施されていること
  ■ 農薬や食品添加物などの使用が控えられていること
  ■ 遺伝子組換え食品でないこと
(4)商品特性の基準
  ■ 特別な原材料や伝統的な生産方法など、優れた「商品特性」が認められること
(5)官能検査基準
  ■ (1)~(4)の基準適合状況を審査した後、消費者と専門家による官能(食味)検査を実施

後志管内の認証食品はこちら(平成23年3月現在 2社4品)

dokuji.gif

道内の認証食品や制度の仕組み、手続などの詳細はこちら

 
このページに関する問い合わせ先:北海道後志総合振興局産業振興部農務課主査(食品) TEL 0136-23-1406

カテゴリー

農務課のカテゴリ

page top