山菜採りによる事故に注意しましょう

タイトル

後志管内では、毎年山菜採りに伴う遭難事故が多発しており、道内一の山菜採り危険地域です。また、死者・行方不明者も発生しています。

後志管内の山菜採り遭難発生件数

後志管内の山菜採り遭難発生件数
発生件数死亡者行方不明者
(未発見)
平成28年度19件2名0名
平成29年度28件1名1名
平成30年度19件1名0名
令和元年度(平成31年度)14件0名1名
令和2年度17件0名1名

捜索には、警察官、消防職員、消防団員、役場職員のほか、自衛隊の皆さんの多大な協力をいただいています。
このため、捜査が長期化すると、多大な労力と経費が発生してしまいます。
皆様、一人一人が十分な準備と慎重な行動を心がけてください。

山菜採り5か条

5か条

  1. 行き先や帰宅時間を家族に知らせましょう。

    「自分だけの秘密の場所だから」では、万一の場合に捜索が遅れることになります。
    行き先、帰宅時間等は必ず家族等に知らせてから出かけましょう。

  2. 単独での入山を避け、二人以上で声を掛け合い、位置を確認しましょう。

    万が一迷ったら、一人では救助を求めることもできません。
    たえず、同伴者と声を掛け合いお互いの位置を確認しあうことが大切です。

  3. 服装は目立つ色にしましょう。

    白や黄色、蛍光色の服装がよく目立ちます。
    万が一の場合には、救助隊やヘリコプターから発見されやすくなります。
    発煙筒を持って行くとなお良いでしょう。

  4. 携帯電話や非常食、熊除けのための鈴やラジオを携行しましょう。

    鈴や笛、ラジオなどの音の出る物は、熊除けや自分の位置を知らせるのに役立ちます。
    非常食となるアメ玉やチョコレート、ビスケットなどを持って行きましょう。

  5. 迷ったときには、落ち着いた行動をとりましょう。

    迷ってしまった場合には、むやみに歩き回らずに、雨、風や夜露に当たらない場所で救助隊の助けを待ちましょう。

ヒグマに注意しましょう!

  • 山に入る前には、地元の人に聞くなど、熊の出没情報に気をつけましょう。
  • 「熊の出没注意」の看板のある場所には入らないようにしましょう。
  • 人の存在を早めにヒグマに知らせるため、鈴やラジオで音を立てるなどの工夫をしましょう。
  • 足跡やフンを見たときには、すぐ引き返しましょう。

山菜採り遭難防止啓発チラシ

関連ページへのリンク

カテゴリー

地域政策課のカテゴリ

page top